キーワード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

おやすみ中。

病院はおやすみ中の今週期ですが、明日あさってが予定日であり。お腹の具合からは、かなりの確率でcomecomeなのは必至であり。昨日夜、オットどのと呑みにゆき、これからの話をしました。仕事の押しもあってのおやすみ今週期でしたが、今回したらば、今度はやはり言っていたラミナリアらしき施術を受けてみようかと。そしてもう数回はAIHにトライ!してみようということになりました、うん。その後の進路はまだ未定ではありますが、わたし的には、ここまでくればもう(笑)体外も視野に入れて考えている、ということも話してみました。そこいらへんは、まだオットくんの気持ちはついていっていないようで、しかし、今まで体外は「怖い」とハシにも棒にも引っかかっていなかったわたしが、根性ついて(笑)そう発言するのを聴いて、少し考えてみようという風情になっている様子のオットくんでありました。さぁ~ど~なることやら。でも、なんにしても、今年いっぱいは方法はどうであれ、最大限ふたりなりの努力はしてみようねという路線は変わることなく。  
                                               
スポンサーサイト
21:20 | 1週目 2008 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

おわれおわれず

11日の金曜に仕事を早退して夜閉まるぎりぎりの病院へ駆け込む予定であったのに、ぎりぎりがセーフ!ではなく、残念ながら行けなくなり。とほほほほ。そのまま週末連休に突入。どうもその連休に排卵してしまった模様。むろんなかよし2日とも。ま~きっと今までの先生の感じではこういう風に事前に卵目視(笑)できていないときには「排卵したかどうかわかんないねー。血液検査ならわかるけど」と言って排卵したかどうかの検査をしたがるに決まってます。むぅー。先生、わかってないなぁ。いつも順調に排卵している人もときどきはしないことだってある、っていうのはとってもよくわかる!そういう可能性は常に誰にでもある。でも・・でもですね。σ(^_^;)
職場の上司と最近しゃべっていて「このごろのお医者さんは触診とか感覚で捉えるっていうことができない人が多くてすぐに検査検査だよね」と話し合っていたところなのですが。検査が大事なことももちろんもちろん大ありなのですが、いろいろと見計らってくださいよ、という気持ちもあり(苦笑)、今回多忙にかまけてサボっちゃいました。きっと年明けの今日、だから、自分の気持ちの向きもそうだったんだろうなとゆーことで。(;◔ิд◔ิ)
18:37 | 1週目 2008 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ラミナリア・・・

いまごろのあけましておめでとうございます。
年明け2日目に残念無念やはりのチャンデシタ。|||(_ _。)|||  
そして行ってきました、年明け早々病院へGO!GOGO! 前回のAIH時に先生に言われたひとこと「次回生理来たらちょっと考えようね」の内容を聴きに行ってまいりました。
先生のお話では、やはりAIHのときに出血が多いのはよろしくはないことだそうで。
子宮頚管のつくりに難しさがあるので、直接的にそれが不妊にはつながらないことではあるのですが、AIH時にカテーテルを通す為に出血しすぎるのは先生的にはよろしくない、とのこと。今後もし体外受精にすすみたいにしてもカテーテル通すときには必要になってくるので次のAIH前に「スポンジ様のものを入れて子宮頚管を広げる施術をしてみましょう」というご提案がひとつ。もうひとつはあまりすすめる気もないご様子(これが致命的になっていそうなのだったらとっくに勧めているので)のだけれど、1cm程度のプチ筋腫チャンを取り去るっていうこと。これは医大から器具を借りてやる必要があるので、もし希望があるなら来月とか予定を立ててやりましょう、とのこと。

帰宅してオットどのに話すと、スポンジを入れるということにすごく抵抗(わたしのことを思うと・・という風情で)感ありな様子。少しいろんなことを含めて改めてここへきて考えてみようね、とふたりでなっています。

そういうことも含めて結構ダイジョウブだと思ったのに、わたし自身もここにきて、揺れていて。お正月に帰った義理の実家のお帰り車中、なんだか本当に「子を授かりたい」という気持ちに包まれてしまって、「静かに慟哭」といった風情で泣いてしまい、我ながらちょっとびっくり。でもやっぱりそういう風にショックあるよなーとか、誰かが悪いとか自分が悪いとかこんなわたしって・・とかそういうレベルではなく、単純に「子が授かりたいのです」という直球な気持ちだけが膨らんで、自分でも予想だにしないくらいに泣いていました。とことんおんおん泣いたら、ちょっぴりすっきりして前向きになりました。ひとつひとつの自分の気持ちはきちんと立ち止まって、クリーミーマミ(古っ!)のように、ポジもネガも大事にしてあげたいものです。

20:22 | 1週目 2008 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。