キーワード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

気合だ移殖

今回はいろいろと悩んだ末、ひとまずどれくらいの率で胚盤胞までいける力が子たまちゃんたちにあるのかを見ること+なるべく出血(わたしは常に移植やAIHは出血派であり)を避けるという意味で、ひとまず胚盤胞移殖(BT)に決めましたが、子たまちゃんの成長ゆっくりさんで移殖日が18日から今日、19日に延期になりました。計らずも自分の誕生日移殖色付きアスタリスク-5sBold*PeachPink(白-薄い背景用) †SbWebs†と相成り、じゃーん!今日、いってきました!手書き風シリーズきらきら
 やはり移殖前は鍼灸などで血行をよくして臨まれる方が多いと耳にし、鍼灸にいっていない自分はどうしたものか、と思いながら、朝からWalking。1時間ほどゆばを買いにおつかいwalkingにゆき、汗だく。移殖の今日からぽかぽか陽気にyunoya地方はなっておりましてそれも後押ししてくれて穏やかに移殖日を過ごしていました。1時間のwalkingからかえると病院に入る2:30の2時間前。そこから家の片付けを片っ端からやって(8月の移植後はお腹が張っていて動きにくくなっていたので)帰宅してからの「徹底的にごろ寝作戦」に備えます。夕食も鍋(笑)。そして家をでる30分前には、軽くヨガをして、子宮チャンに集中(笑)。そうやって病院にいったらば、体温がいきなり腋下にかかわらず37.4℃。おい!>自分
お部屋に通され、いつものように移殖のお部屋に行き、看護士さんと「今日も出血しまくるかな~」「すっと入るといいのにね」などと会話をして過ごします。
しばらくして院長先生登場。お!早い!定時どおりの3時じゃないですか~。「よろしくお願いします、通りにくいので時間がかかると思いますが」とのわたしのことばに、院長先生、「ダイジョウブ!そんなの気合だ!」(笑)。その後、「気合だ!気合だ!気合だ!」とずっといいながら、固定、チューブもいれます。本当に40回くらいは言いながらいたので、アニマル浜口さんに移殖してもらってる気分だわ、笑まくってしまうわ、で。終いには院長先生「今回はいける、見える、見えるぞ!」とか言い出して、ガンダムか(笑)。
結果、意外にこれが効果あったのか、いつもならば10分はかかるところが、ものの2分ほどでしゅっと通ってしまい、しかもチューブ自体もガイドなしで通ってしまったのです!!!!あれま。
 びっくりして大喜びしてしまったyunoyaチャンなのでした。jumee☆faceA4
お部屋に戻ってからの注射、プロゲストン2Aもお尻にしたら痛くも痒くもなく、順調!
なにもかも滞りなく済んだ今回の施術でありました!めでたし!富士山

今回のこたまちゃんは、胚盤胞の前期の様子でした。ゆっくり成長さんですが、看護士さんに「この部分が身体になるところですね~」といわれるとこれまた前回より当然ですが進んでいるこたまちゃんに、これまた感動。オットどのとまた愛の結晶を眺めておりました。
その後、15分施術台でじっとするのですが、そのときにお話をゆっくりしながら、なんと検査技師さんがわたしの両足の裏をずっとマッサージしてくれて、5分もすると膝下がぽっかぽかしてきて感激。「こんなことで妊娠してもらえるなら安いもんです(笑)」と技師さん。本当にありがとう。がんばってこのスロースターターちゃんを慈しみます。
スポンサーサイト
08:38 | BTその① | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

様子見先延ばし

1月17日(日)~18日(月)にかけてちょっとした小旅行にいってきました。といっても、旅行とは到底いえない程度の(むしろふたりとも職場近くにいった感ありな)場所にある離宮に、お宿を無料でとってくれるという夢のようなお話が、わたしの職場の福利厚生で実現し。お夜食の和食コースもすっとぶほどに美味しく、お酒もじゃんじゃん飲みまくり、超ご機嫌で二日間を過ごしました・・・が!職場に近くなっているにもかかわらず、その日は順当に行けば移殖の日!つまりは家に帰るような動きをしなくてはならず。いずれにしてもわたしはお仕事をおやすみにさせていただいていたのですが。
移殖予定日当日、ホテルの朝食(これまた旨かった!)を食べている途中に、病院に電話する9時になり、ちょっと中抜けでお食事中に廊下でせこせこ電話。すると・・・今回3つを融解していたのですが、どうも2つチャンは8分割で止まっているようなご様子。そして残りひとつチャンも、5日目ではありながらもまだ相実胚?の状態らしく・・・。選択可能ではあったのですが、結局移殖は6日目の19日(火曜)に延期しました。そうして折角の少ないおやすみ。結局オットどのを職場まで車で送り、わたしは帰宅してねことゆるゆるして過ごしましたとさ。
21:59 | BTその① | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大雑把にGO。

10日。いってきました再チェック。日曜ですが意外にたくさんの患者さんがおられました。ミナサン院長センセイお互いご苦労サマデス。
やはり内膜は薄く、今回は軽く減って(苦笑)7.7mm。ですが院長、「うん、7.7mmやけど8.5mmはあるやろう」とな。そうあの内診は見え方で厚さが多少変わるのは知っていましたが、そんなに大雑把!?と思わず笑ってしまいました。「よし、これで予定通りいきましょう」。院長の判断だし、そりゃ流産率あがるのはよろしくないのですが、なんだかその大雑把さがわたしにはフィットし、ラジャー。しばらくエストラーナは張り続けながら3日後くらいから座薬とルトラールがはじまります。
お腹の調子はというと、卵胞ホルモンのみを補充してますけれど、なんだかそこはかとない違和感、ずっしり感が、ここ数日(Day10過ぎくらいからかな)気のせいか程度にあります。
そして今日は、たまごさんの戻し方と融解個数の相談がありました。今回はBTでということだったのですが、わたしは戻すときのチューブが通りにくく必ずAIH時でも出血があるとゆータイプ。この出血は内膜とかそういう内奥に影響があってのことではなく通り道の外っかわのお話ではあるのですが、やはり無いに越したことは無いと前主治医先生はおっしゃっていました。そこで、病院側の提案であった2段階法でやるとET、BTを1月15日(金)と18日(月)に行うことになるのですが、そのことで生じる2回の出血がどう影響するか。ひとまず、病院では、胚盤胞まですすめる子たちなのかどうかを見るという意味合いも含めて、18日のBTのみで今回は行ってみようかな、と相談の結果仮決めしてきたのですが、オットどのと帰宅してから相談すると、オットどのは「yunoyaにストレスがないようなんだったら2段階の方が安心ではないか」とのご意見。今日中に考えて決め、明日には病院側に最終のお返事をしなくてはなりません・・・むむう。難しい。
11:16 | BTその① | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

年はじめに薄し

1月8日。初通い富士山の病院です。今年でここに通うのも、最終結果がどうあれおしまいなんだなぁとか気の早い妄想を抱きながら、院長先生にお会いしてきました。
内膜をチェックして移植の日を決める日でしたが・・・内膜7.9mmでどうもブッブー。院長先生内診中にお腹をめくって、「あ、ちゃんと張ってあるなー」。どうも内膜薄いままです。結果1月10日(日)に再チェックをして移植できるかどうかの確認と今後の予定を決めることになりました。
年明け、義理の弟が買ってきてくれた生年月日別のおみくじ?に「希望:邪魔が入る。時期が遅れます」とあったので、やはり、とな。大豆系やアミコラ、食うか。
10:48 | BTその① | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

すべて決まってよい年越し。

26日から昨日にかけてお泊りで義理両親が忘年会にきてくれてました。忘年会の夜はうちの親も呼んで6人でふぐ鍋でドンちゃん騒ぎ。昨日は陶器のお店とか義母のすきなところに連れて行ったりしていたのですが、どうもとにかくyunoyaチャンすごく眠く・・・帰ってから夕刻からはおこたで眠ったら頭がガンガン痛くって明らかに風邪っぴき模様・・と思っていたらば今朝なかなか起きられず、オットどのがお仕事出かける直前に起きてトイレにいったら見事チャン!!おぉ すんばらしいタイミングであります。すぐに病院にご報告電話を入れ、今朝から人生初もの、エストラーナ貼り薬、張ってます!!ホルモン補充療法(いわゆるHRT)期でのBTに決まりました。あとは内膜チャンがすくすく育ってくれたらいいなぁ。
これで年明けの予定もよりしっかり判明、安泰気分での年越しとなりそうです~富士山
10:50 | BTその① | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。