キーワード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ラミナリア・・・

いまごろのあけましておめでとうございます。
年明け2日目に残念無念やはりのチャンデシタ。|||(_ _。)|||  
そして行ってきました、年明け早々病院へGO!GOGO! 前回のAIH時に先生に言われたひとこと「次回生理来たらちょっと考えようね」の内容を聴きに行ってまいりました。
先生のお話では、やはりAIHのときに出血が多いのはよろしくはないことだそうで。
子宮頚管のつくりに難しさがあるので、直接的にそれが不妊にはつながらないことではあるのですが、AIH時にカテーテルを通す為に出血しすぎるのは先生的にはよろしくない、とのこと。今後もし体外受精にすすみたいにしてもカテーテル通すときには必要になってくるので次のAIH前に「スポンジ様のものを入れて子宮頚管を広げる施術をしてみましょう」というご提案がひとつ。もうひとつはあまりすすめる気もないご様子(これが致命的になっていそうなのだったらとっくに勧めているので)のだけれど、1cm程度のプチ筋腫チャンを取り去るっていうこと。これは医大から器具を借りてやる必要があるので、もし希望があるなら来月とか予定を立ててやりましょう、とのこと。

帰宅してオットどのに話すと、スポンジを入れるということにすごく抵抗(わたしのことを思うと・・という風情で)感ありな様子。少しいろんなことを含めて改めてここへきて考えてみようね、とふたりでなっています。

そういうことも含めて結構ダイジョウブだと思ったのに、わたし自身もここにきて、揺れていて。お正月に帰った義理の実家のお帰り車中、なんだか本当に「子を授かりたい」という気持ちに包まれてしまって、「静かに慟哭」といった風情で泣いてしまい、我ながらちょっとびっくり。でもやっぱりそういう風にショックあるよなーとか、誰かが悪いとか自分が悪いとかこんなわたしって・・とかそういうレベルではなく、単純に「子が授かりたいのです」という直球な気持ちだけが膨らんで、自分でも予想だにしないくらいに泣いていました。とことんおんおん泣いたら、ちょっぴりすっきりして前向きになりました。ひとつひとつの自分の気持ちはきちんと立ち止まって、クリーミーマミ(古っ!)のように、ポジもネガも大事にしてあげたいものです。

20:22 | 1週目 2008 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
おわれおわれず | top | ほっと

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yunoya.blog74.fc2.com/tb.php/167-ab73af92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。