キーワード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

自分をみる。-その1-

こんにちは、あいも変わらず冷蔵庫から財布がでてきてギョ!っとしてしまうユノヤチャンデス(ヤバイだろ)。
( ̄□ ̄;)




今日は病院話をやっと離れて(笑)、自分も絡むお話。
わたくし、仕事柄(だからなんの仕事だっつーの)、ヒトのこころの流れとかヒトのありよう、その人がどうなってゆきたいのかとか、そういうことにまー多少は敏感であります。ま、仕事っていうのも、そのものズバリで、その人がそのどうなってゆきたいかをじっと目と耳を凝らして見つめて、それをそっと援助するような仕事をしております(余計わかりにくいだろ)。あ、宗教とかそういうのではないのよ(笑)、似て非なるものナリ。
簡単に言うとその人の精神と身体に向き合うような仕事なわけね(そんなたいそうなことはできないのですが)。だから当然同じ精神を扱うとされている精神科の先生などとは仕事柄いっしょに動くことも多く、その流れでお薬とも付き合うことが多いわけであります。そういうところに身を置いていていつも思うことをちょびりぼんやり考えていて。



わたしたちは西洋医学というものに、今の生活の中では当然のように身を浸しておりますのぅ。西洋医学はとっても力をもっているし結果がわかりやすくて利用しやすい。産婦人科の「妊娠させる力・技術」もそのひとつであります。即戦力がある。そして力が強い。力業。客観性があって多くの人に適応が可能じゃねぇースバラシイ。そしてダレにでも適応可能ということは、とりもなおさず、個人差を鑑みる幅が少なくて済む場合が多い(大きくみるとお医者さんの中でいい先生、といわれる人は実はここを鑑みる力がある場合かと思われ…)。



まぁ、不妊治療と世で言われるところでいうと、その対極、と便宜上考えるとそれは漢方かな?厳密にいうと「漢方的」とイーマスカ。(わたいは不案内なのですが)どうも漢方は身体の変化は「気」「血」「水」(きけっすい)の乱れによって現れると考えられているんダソーデスネ。気は生命を維持するエネルギー、血は血液、水は身体を構成する体液全般。身体の中の気血水の流れをあるがままに戻すことで、身体の不都合を治そうとするみたい。こころと身体は気によって支えられており、さまざまな精神活動や感情は身体の構造と機能に密接に関係していると考えます。これはわたしの仕事の世界でも巷でも同じことで「心身一如」という部分じゃな(なぜか漢方の話だけに仙人口調になるおバカユノヤチャン)。




(つづきは次回の講釈に)




(_ _。)


10:48 | ふと想うこと。 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
自分を見る。-その2- | top | ひと山超えて微妙なフーナー。

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yunoya.blog74.fc2.com/tb.php/18-ec6b57e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。