キーワード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ずずずぃーっと。

ずずずぃっといってきました、人生初の採卵!

うちの院では基本採卵は1時から3名ずつ、というやり方なのですが、転任で忙しい担当先生が早くの時間でしかやっていただけないので、わたしはひとりだけという形で朝の8:30開始、しかも、おそらくお部屋の空き加減によると思うのですが、本来3人部屋なのにデラックスルームに通されました!!きゃー!ラッキー!

朝は、いつもながら5時起きでお散歩にいきます。しかしお散歩折り返し地点(墓地横)にて腹部激痛。ありゃりゃりゃ、やってもたか!と思いつつそろそろとへんな格好で墓地周辺を歩いているとすぐに落ち着きます。帰宅してシャワーで念入りに身体を磨き(今日はお風呂はダメとのことで)、用意万端。7:20に自宅を出て、7:45の予定時間前にオットどのと入院。

わたしが大好きな注射上手のベテランさんの看護士さんがご担当くださるようで、ものすごい安堵感。ここから先は子宮頚官拡張のときと手順は同じだとわかっていたので、多少の緊張をしつつ楽勝。あとは、今日の緊張度がどれくらいかわからないので麻酔がどれほど効くのだろうかと思いながら、その部分だけに不安がありました。
しゃんしゃんと準備は進み、デラックスルームに通されてからバタバタと準備、補液。おしっこをしっかりと出してもう8:10にはお部屋をでます。
ちなみにオットどのの採精はどこで?と思っていたら、そのデラックスルーム内でどうぞ、とのこと。「あとでご準備の容器とビデオもってきますから奥さんが術室にいる間にお願いしますね」とさらっと言って出て行く看護士さん。「び、ビデオ??」にちょいと我々夫婦どきどき。戻ってきた看護士さん、ガラガラとなにやら大きなカートを押して登場。その大きなカートにはテレビとビデオデッキが上段に乗っていて下の台には本関係とビデオが整理されて乗ってました。お茶漬けセット??とでもいうようなある種風流な風情さえも感じさせる手入れの行き届き感。オットどのとそのこざっぱり感と行き届き具合に爆笑してしまいました。

今回の採卵は初めて見るお部屋。どうもちょっと古いタイプの術室?分娩室?のようです。そこでいてくださったもうふたりの看護士さん!これまたわたしが大好きなベテラン看護師さん2名!!サイコーだ!神様、このシチュエーションで本望です!となぜかここでもへんな満足感に満たされながら、術台に乗ります。
前回に同じく心電図、血圧をつけて(血圧は5分毎に取るのね)、「今から麻酔を聞きやすくするお薬いれますねー」「ぴりぴりきますけどねー。そしてちょっと心臓早くなって喉がからっとするかもしれませんー」と言われて、「あぁあれね(詳細は子宮頚管拡張術の項をご参照ください。笑)」と思いながら、待つと一年半ぶりにぴりぴり。ミスターBoo「アヒルの警備保障」(古すぎですか?)のギャグ「またびりまたびり」とか心の中で連呼しながら約一分、ガマンしました(すぐに終わるとわかっている痛みは結構大丈夫なものですね)。今回は、そのぴりぴりに耐えるために身体が反応していたのかそこで心肺上がりました。そしてちらりと喉の奥にカラッと感が・・・と思った瞬間、あれれれ?なんか身体が力が抜けて意識レベル下がってます下がってます。ぼやーっとなってますなってます。でも眠るまではゆきません・・・どうなってる?と思い、看護士さんにろれつの回らない(回ってなかったと思う)口調で「麻酔入れました??」と聞くわたし。大また開きの台にある足を所定位置に看護士さんに動かされたりするのですが、自分で動かすのがだるくてままなりません。「まだですよー。ぼーっとしてきた?」「はい」「今から1/4づつ入れていくからねー」と笑気のマスクをつけられる。どうもこの部屋、器具も古めかしいのか、テレビで見るような前の手術で使ったテレンディドラマみたいなのとは違っていて「今から空母に向かうのですか」とでもいいたくなるようなトップガンばりの屈強なマスク装着。しかも、ずれてます、看護師さんずれてます。「ずれてる~」とこれまた、ろれつの回らない口調で訴え、整えてもらうも理想の着位置ではなく・・・しかしそのとき先生がきた!うろ覚えでは肩に手を置いて「がんばりましょうね」といわれたと思われ。しかし、ずれてるんです、先生(苦笑)。先生が足元股間に立っているのがわかり、看護士さんの「1/4入りました」の声。「ででぇー!!もしかしてこれで麻酔が効いた状態ですか?!薄いと言えども眼は覚めていますが!!」と心の中で思い、それだけはご勘弁・・・寝なきゃ寝なきゃ、この際ずれててもいい!と笑気を思いっきり深呼吸しかけたところで、焦るyunoyaチャンの記憶はなくなったのでした・・・

目が覚めたのは9:45。術台の上でした。足はどうも普通の格好に戻されていてパンツも履かせてもらっているようで。血圧計の圧迫はまだ時折つづいていたようでした。(人生でこんなにも連続で血圧を測ってもらい続ける体験もそうそうないかも) 車椅子で朦朧としながらお部屋へ。オットどの曰く、帰ってきたら車椅子の中で「逝っておられたよ」(笑)。実質、採卵自体は9時には終わっていたそうです。そのあとはお部屋でぐっすり寝ていたようで、11:30ごろまでぐっすり眠りました。そして点滴を外してもらってもう一眠り。結局2:30に診察室へ呼ばれるまでぐっすりと眠った計算になります。

結果、12個のたまごちゃんが取れたそうです。
オットどのの結果は4.8mlで、4700万、運動率は53.9%。スイムアップ法でやって15分間に1000万はほしいところが500万くらいしか上がってきてくれない部隊のようで、決してめちゃよいというわけではないですが、1時間くらいまてば1000万くらいは上がってきそうでもあるし、顕微でなくても受精できる数値や状態だろうとのこと。きっと今回のみんなは潜水部隊出身と思われます(あがってこいよ~涙)。
一瞬ふたりで悩みました。12個のたまごちゃんもこれから蓋を開けてみないと何個生き残ってくれるかわからないしなぁ・・・1/3は顕微授精で、残りは普通にとか、いろんなパターンを看護士さんと検討した結果、この状態ならひとまず全部ふりかけでいってみてもいいのではとのアドバイスをいただき、そうしてみようと決めました。

3:30ごろ帰宅してごろごろゆっくりとしています。寝ている分には何の問題もないのですが、動き回ると多少大きめの鈍痛があります。
夜は焼肉にでもいくか、と言っていますがいけるかな~
次はDAY15、月曜日。移植です。

19:04 | IVF-ET周期その1 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
神秘の流涙-初ET-① | top | 軽くあほあほ。

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yunoya.blog74.fc2.com/tb.php/236-ae9628b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。