キーワード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

備忘録

自分のためにまとめておかせてください。
次回トライがあるならば、お仕事を今回のように休むわけにはいかず
体調のおおまかな目安を備忘録として。


Day1 8/10(月)
      8/8(土)から微量で微妙な出血ちょろり。でもDay1になるのか否か
      不明なため病院に電話してみる。10日の夕方受診直前に
      こころなし?か増えてDay1とする。 血液検査。

Day3 8/12(水)  内診と血液検査結果にて      
            LH・・・1.4
            FSH・・・6.7
            プロゲステロン・・・0.1以下
            E2・・・74.0
               E2高いが、内診状況からGOサイン。

Day8 8/17(月) 仕事帰りに病院。
            右6個、左10個、大きいのでいうと15mm、内膜7.8mm

Day10 8/19(水) 仕事帰り受診。血液検査と内診にてDay12に採卵と決まる。
            18mm(10個と6個) 内膜8.5mm
            PM8:00スプレキュアラスト。PM9:30 HCG5000

Day12 8/21(金) 朝の5時からwalking。ちょっと下腹部痛くる。
         AM7:45入り・AM8:30~9:00採卵・採精。たまごちゃん12個。
         9:30?10:00頃に麻酔から目覚めて部屋へ戻り11:30まで爆睡。
         点滴を外してまた2:30まで爆睡。3:00すぎに帰宅。
         帰宅後は一日お腹いてーといいながら安静にする。
         翌土曜に受精確認の電話してもいいよといわれるもせず。

Day15 8/24(月) AM10時 受精確認の電話
         ・・・12個中3つ未熟変性などで9個で勝負も2個受精。
         朝11時時点では、8分割チャンと6分割チャン(お腹に戻すときには
         7分割チャンに)を12:40にハラにお迎え。 
                 内膜10.1mm
    ET1となる   その後出血全くなし。
            注射後、夕刻お腹のツレがだんだん強くなりつづく。
            PM1:00・・HCG1Aとプロゲストン1A

Day16 8/25(火) ET2
         AM8/PM8ピンクの出血うっすら
         お腹はまだつれている様子(夜には治まる)。
         ハラ暖めて寝てゆっくり過ごす。 プロゲストン1A

Day17 8/26(水) ET3 
         1週間ぶりに仕事。午前中本調子ならず、眩暈っぽいほどの気。
         ご飯を食べたらお昼から本調子。ハラから声。お腹の痛みなし。
         夜早退して血液検査に病院 
         E2:1150、P4:90以上。注射効きよし
         プロゲストン1A (以下判定日まで予定)

Day18 8/27(木) ET4
        PM3時ごろから下腹部痛ちくちくと生理前のような鈍感触。
        お風呂に入ってお腹をゆっくりと暖める。
        5:30に病院にプロゲストン打ちにゆき、帰宅後庭水遣りをしていて
        結局3時間ほどでやっとなおる。   プロゲストン1A

Day19 8/28(金) ET5
        車のオイル交換にゆき、ともだちの出産祝いに作ろうと思っていた
        あかちゃんグッズソーイングの本を探しに本屋さんへ。
        昨日に同じ痛み、鈍感触、1時間ほどつづく。  プロゲストン1A

Day20 8/29(土) ET6
        プロゲストン影響で体温上がりすぎかとゆーくらいで
        毎日火照りつづける。
        夜も火照ってしばし眠れず(カイロもつけてきたのでそのせいか)

Day21 8/30(日) ET7
         AM8:30大量おりものと、たまごちゃんトイレ紛失事件。
         うろたえるも選挙に一票。

Day22 8/31(月) ET8 
        仕事の日。わりと順調に何事もなく。友人来る。
        お腹の卵巣辺りのきゅぅっと感はときおり。
        この夜寝ていると突然悪寒で目覚める。インフルエンザになる夢。
        布団を着なおすと治まり、翌朝の体温は
        まだ注射の影響で37.25℃。 

Day23 9/1(火)  ET9
        夕方6時、買い物時やはり生理痛のような感触。
        夜また寒気がして毛布出す。朝4:30に目覚めて37.08℃。

05:16 | IVF-ET周期その1 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
備忘録その2 | top | たまご紛失?!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yunoya.blog74.fc2.com/tb.php/241-42490e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。