キーワード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

とうとう突入!

11月3日の祝日は、おでかけできたらいいなーと思っていたのですが、今回は意外とオーソM錠からスプレキュアへの移行期に身体への負担大きいようで、プラス、昨日の祝日から茶色いオリモノさんがやってきていて体温は37.17℃とかなのですが、体重と身体の様子からはとうとう待望のさんご来光という感じ。
で、しんどいしんどいという身体を引きづりながら、相変わらず少量の経血ではありましたが、今朝から体温が下がったのでDAY1と勝手に決めて、病院に朝からいってきました。
院長先生は内診をし、「じゃ今日血液検査して帰ってね」と今後の大まか予定だけ確認。その後看護士さんが採血してくださるときに「経血少ないのね~」と気にかけてくださっていて。曰く、経血が少ないのはお薬の加減でよくあることなのだけれど、もしまだDAY1とカウントできる状態に身体が入っていない場合は、血液検査をしてもなんらかの値がまだ高かったりして、しっかりと準備状態整っているのかなにかひっかかりが生じているのか、わからないこともあるとのこと。そのため、一応今日は採血してその結果なにかひっかかっているかどうか明日の朝に病院に確認のお電話を入れて、もしひっかかっていることがあれば明日朝に再度採血してしっかりと生理中の値を見直してくださるとのこと。それはありがたいです(無料にしてくださるそうです)。
まぁ明日は仕事はおやすみにしているし、身体も今日の仕事中どえらくしんどかったので、できれば病院通いはなしでゆっくりと寝ていたいのですが・・・ま、すべては明日の朝っすね。
19:55 | IVF-ET周期その2 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ぐでんぐでん。 | top | がっつり点鼻。

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yunoya.blog74.fc2.com/tb.php/257-40599a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。